「最近の若いもん」の方がレベルが高い

スポンサーリンク

将棋の藤井プロ、凄いですね。

前人未到の29連勝、やっちゃいました。
しかも、プロになってまだ1回も負けてない、
ってのが、凄すぎます(@@;

これでまだ中学3年生とは・・・
落ち着いてるし、言う事が大人びてるし、
とても中3には見えないですけどね(笑

とんでもない若者が出てきましたよね~

これだから最近の・・・とは言えない

なんかここ最近、若い子の活躍が目覚しい
感じています。

先に挙げた藤井君もそうですし、この間の
「世界卓球」で活躍してた張本君。
”チョーレイッ!” って声を上げる子ですね。
この子も14歳くらいだったかな?
まだ中学生だと言うのに、メダリストの水谷
選手や、世界の強豪を次々と破っていって
ましたね。

卓球の女子では、17歳の平野美宇選手や
伊藤美誠選手、早田ひな選手が、シングルス、
ダブルスで活躍されてました。

ちょっと前までは、中国相手にはとても勝て
ないのが日本のレベルでしたが、彼女達は
上回る実力を持ち始めていて、今後が楽しみ
ですね。

陸上の100m走も、9秒台に届きそうな
選手が何人も出てきましたし。フィギュア
スケートも、4回転とか当たり前の様に跳ぶ
時代になりましたし・・・

「これだから最近の若者は・・・」

なんて言えないですよね。
その ”若者” の方がレベル高いんですもん。

おっさん達が何年も掛けて到達した領域に
軽々と来て、あっという間に抜き去っていき
ます(汗

まだまだ進化は止まりそうもありませんね。

若者から学ぶこと

まぁ勿論、若者全員が、という訳では無いで
しょうけど、それでも昔の世代に比べると
素晴らしい選手が次々と出てきますし、まだ
まだ力を付けていくでしょう。

そして、これはスポーツとかに限った事では
なく、俳優さんだったり文化人だったり研究者
にも言える事だと思います。

仕事でも、そうでしょうね。
新しい事をどんどん覚えて、更に良いビジネス
やサービスを創り出していくことでしょう。

発想が豊かだったり、固定観念に囚われなかっ
たり、柔軟に対応出来る
ところが、昭和世代
とは違うんでしょう。

若い子達に教えないといけない事も勿論沢山
ありますが、逆に教わる事も今後は沢山ある
はずですよね。
それを、どれだけ素直に吸収出来るか・・・

いつまでも、”学び” は続きそうですね(^^;



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!