バイトの時給が上がっても余計にしんどい

スポンサーリンク

ふぅ・・・ようやく土日のお休み。

今週は1日おきにバイトがあり、昨日の
金曜日はだいぶ精神的に参っていた感じ
だったので、「早く終われ、早く終われ・・」
と思っていました。

ほんと、何とか終わったって感じでした。

ようやく休めるので、ホッとしてます(^^;

も~、しんどいわ~

この4月から

バイトの時給が、この4月から上がりました。
上がった、と言っても、すずめの涙程なので、
そんな浮かれる様な話でも無いんですけどね。

私一人だけ上がったんではなく、バイトの人
全員が対象でした。
何で上がったんでしょうね。よく分かりません。

日本政府が賃金アップを謳ってるからなのか、
それとも会社の株主に向けての好調アピール
なのか(--;

まぁ何にせよ、本来であれば賃金がアップする
のは働く側からすると良い事のはずではあり
ますが、それを上回って余りある程のマイナス
の面があって、非常に嫌に思ってます・・・

やり過ぎなんちゃうの?

今までやってきた作業内容を変わらずにこなし、
それでいて時給がアップするのであれば、単純
に収入が増える事になるので、それは嬉しい
はずです。

たとえ、アップ量がすずめの涙だったとしても。

ただし、それ以上に作業内容や作業量がアップ
したとすれば、どうでしょうか?

時給が上がった事により、会社側からすれば
「人件費」が上がる事になります。
1人分は微々たる物だとしても、雇用してる人
全てが上がると、相当な量なのかもしれません。

その費用を抑える為に何を考えたか、と言うと、

 シフトの人数を減らした!

今まで、
 ”○時から△時までは7人で作業”
だったものを、
 ”○時から△時までは6人で作業”
みたいに、1人減らしてきたんです( ̄□ ̄;

7人でもやる事いっぱいでカツカツだったのに、
そこから1人でも減るともうテンヤワンヤです。

挙句の果てに、少しでも暇な時間が生まれる人
が出てきたら、その人に30分休憩を出します。

もう、”ちょっとでも人件費を削ってやろう”
が、ハンパありません(--;

確かに雇用主側からしたら、利益を大きくする
為には費用を削っていくのは必要な事だとは思い
ますが、我々 雇われ側から見れば「やり過ぎ」
と感じる域に達してます。

しんどくない範囲であれば耐えれるんでしょう
けど、もう学生さんの様に若くは無いですし、
しんどい訳ですよ・・・

パートのお姉さん達も、

「こんなん、しんどいわ~」
「時給上げんでえぇから、作業減らして!」

って仰ってます(^^;

意味無いやん・・・

ほんと、時給上がった分以上にしんどいんで、
割に合わないんですよね。

何の為の時給アップなのか・・・?

時給を上げる事によって国民の所得を上げ、
購買意欲を高め、消費を促し、景気を上向きに
して人生豊かに幸せに・・・ってなれば良い
んでしょうけど。

そこまで所得が上がる訳じゃ無いのに作業量
だけ大幅にアップ
して、しんどい思いも大幅に
アップw

幸せ度は、逆に下がってますよ(´・ω・`)

仕事量は同じで所得が上がるから、幸せになる
んでしょうよ・・・
しんどくても良いんであれば、休み無く働け、
って話になるでしょうが。まったくもう。

おまけに、主婦の方達って ”扶養の範囲内”
で働く人が多いので、時給を上げたら働ける
時間が減る
んですよね。
そのせいで人が足りなくなって、一人当たりの
作業量がまた増える羽目になったり・・・

もう、意味無い事ばっかり!

「こんなバイト辞めてやるわ!(`・ω・´)」

って、早く言える様になりたいです(^^;



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!