呼吸が大きい間は、寝るのは無理!?

スポンサーリンク

今日も気付くと、”7時間30分” 睡眠。

目覚ましを ”6時間後” でセットしていたので、
1時間以上はスヌーズで鳴っていた・・・みたいです(笑

鳴って、止めて・・・また9分後に鳴って、
の繰り返し。
(iPhoneのスヌーズは、”9分おき” みたいですね。)

やっぱり、7時間30分を前提に、早く寝た方が良いのかも(^^;
→ 『理想の睡眠時間は7時間30分?

理想の睡眠時間は7時間30分?
昨日、1日ゆっくり休んでみましたが、どうにもこうにもスッキリしない感じです。 まぁ、そもそも朝晩が寒くなってきて、まだ身体が季節の変化についてきていないの...

少しずつ寝付ける様になってきた?

最近は、翌日がバイト等の用事が無ければ、お薬を飲まずに寝る様にしていますが、

「全く寝付けなかった!(;;」

という程の寝付きの悪さは無くなってきた様な感じです。

目が冴えてなかなか・・・となっても、だいたい30分くらい経てば、
意識は無くなっている気がします。

とは言っても、やっぱりお薬を飲まない時に比べると時間が掛かるのは事実です。

 ”今まで、どうやって夢の中に入っていってたんやろ?”
とか考え出すと、逆に意識してしまって寝れなくなって、
やけに不安になってくるんですよね(^^;

考えるな! 考えたらアカン・・・ って考えてしまってる!
・・・みたいな、一人コントが繰り広げられたりしますw

お薬を飲んでいると、そんな事をする間も無く、
脳のスイッチがOFFになって、気付くと朝! なんですけどね。

落ち着かせようとしている時の ”自分の状態” に注目する

布団に潜り込んでから寝付くまでには 少し時間が掛かるので、
 ”焦るな、落ち着け・・・ 大丈夫、寝れる寝れる・・・”
とリラックスさせようとするのですが、その時に ふと気付いた事があります。

まだ意識がはっきりとしている間は、呼吸が結構大きい、という事。

寝る前に、歯磨きだったり、トイレに行ったりで動いていたせいなのか、
呼吸は大きく、そして回数も多いです。

そんなに動いていた訳じゃ無いのに? と思いましたが、
身体がまだリラックス出来ていない状態のまま、寝ようとしていたのかな・・・
と気付きました。

それから15分、20分くらい経った(?)頃に、
 ”今、寝れそうだったのに!”
って意識が戻ってきてしまったんですが、
その時には呼吸が凄く穏やかになっていた事に気付きました。

「あ~・・・ 呼吸が落ち着いてないと、多分寝れんのやろうなぁ・・・」

と、自分の身体の仕組みが少し分かった様な気がしました。

起きる時の ”身体の状態” はどうなっているか?

では、朝、目覚ましが鳴っている時の呼吸は、どんな感じになっているのか・・・?

それはそれは、非常に、浅く、ゆ~~っくりとした呼吸になっていました。

自分、生きてるよな!? って思うくらいに(^^;
そうこうしている内に、また夢の世界に戻ってしまったりw

これは逆に、「起きる為には大きく息をするのも手」かな?
と思って深呼吸をしてみると、胸が大きくなったり身体も動いたりするので、
ちょっと目が冴える感覚もありました。

それでもまだ起きれない事も多いですけどね(涙

でも、”起きている時” や ”動いている時” は呼吸が大きくなっていたり、
”寝ている時” や ”じっとしている時” は逆に小さくなっている、という事が
改めて分かりました。

「こんなにも差があるのか・・・」と思うくらいです。

この事を、寝る時、起きる時に利用すれば、
よりスムーズに就寝、起床が出来るかもしれない・・・!
という事ですね。

まぁこれからも、色々試してみようと思います。



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!