在宅で仕事をしたい人、外に出られない人の手助けをしたい

スポンサーリンク

今日は久しぶりの大雨で、昼頃からずーっとザーザー言っていますね。
近くに大きな道路があるので、そこを走る車のジャーって音が、よく聞こえてきます。

実際に湿度が高いからかもしれませんが、なんとなーく空気がひんやりと冷たいです(><;
エアコン君が、朝からフル稼働です。

あ、年末に不調をきたしたエアコン君は新しくなりました(^^;
その時の話はこちらでも少し触れています。
→ 『頭が少々パニック状態に

頭が少々パニック状態に
連日寒い日が続いているところで、エアコン君にトラブル発生! 働かせ過ぎたのか、いきなり騒音を発するようになりました・・・ エアコン君自体ではなく、どうも室外機...

エアコン君2号はパワフルですが静かで良いですね。
自動お掃除機能も付いてる、出来た子です(笑

何がしたいのか、何をすべきなのか・・・?

『今年こそは底辺を脱却したい、生活を安定させたい!』

・・・と思っていますが。

 その為に自分が成すべき事は何なのか?
 また、世の為、人の為に何が出来るのか?
 どういう形で役に立てば良いのか?

等を、今一度考えないといけないかな、と思いました。

ただ「闇雲にブログを書くだけ」では、自分も周りの人も幸せに出来ないでしょうから・・・

どうしても、
 ”サラリーマンとして会社に勤めていた時くらいの収入を得て、生活を安定させたい!”
と、自分の人生の事をまず第一に考えてしまいます(´・ω・`)

ですが、よくよく他の方のブログや本を見ていて目に付くのは、

「他人を幸せにする事によって、その結果、自分も幸せになる。」

という、”他人ファースト” の精神なんですよね。

自分一人で幸せになんてなれない。
なったとしても、そんな人は周りから大事にされるどころか白い目で見られ、そこから落ちる一方、って事なんでしょうね・・・

なので、他人の為に尽くす事を考えていかないと、なんですよね。

自分に出来る事、自分だから出来そうな事

「社会復帰がまともに出来ていない人間に何が出来るんだ?」

と、未だ自信の持てない私が、誰を幸せに出来るんでしょうか?
この先、どうやって人生を歩んでいけば良いかもよく分かって無いのに・・・

んー・・・ 何だか不安感で胸がいっぱいになりそうですが。

すみません・・・
ちょっと自分、深呼吸しようか。

(すーー はーー すーーー はーー)

慌てない・・・ ゆっくり息を吐いて・・・

はい。失礼しました。

『自分に出来る事って何だろう?』

数多くあるわけでは無いと思いますが、一応、うつ病になってから5、6年、何とか生きて、少しずつ体調は戻ってきている訳です。

その5、6年の間にやってきた事、体験した事は、今うつ病真っ最中の人、一緒に闘っている人、にとっては知りたい内容もあるかもしれませんね。

そういう情報を出す事なら、まずは・・・やっていけるかもしれません。
”こんな自分” でも。

自分のやりたい事が、他の人のやりたい事にもなっている

まずは、
 過去の事、経験した事を元にアドバイスする、サポートする事
によって、他人の役に立っていく

で、今後体験する事でも、役に立てるかどうかを考えていく・・・

とすると、
今後やりたい事というのは、「在宅で仕事をし、収入を得ること」になりますかね。

私は、

  • 会社に勤める
  • 集団に属する(一緒に仕事をする)
  • 通勤する
  • 決まった時間に働く

等が、もうしんどくて続けるのは無理 だと思っています。
こういう理由から、在宅で仕事をして収入を得たい んです。

ただ、これとは違う理由だけど、
 ”私も在宅で仕事が出来るならやりたい!”
と思っている方はいらっしゃるかもしれません。

  • 家事や育児、介護をしないといけないから、長時間の外出が出来ない方
  • 子供は大きくなったけど、長期間社会から離れていて復帰しづらい方
  • 地元に残りたいけど、田舎では就職先が無い方

等でしょうか。
その他にも色んな理由はあるかもしれません。

もし、私が「在宅で仕事をし、収入を得ること」を達成出来たなら、そのアドバイスも出来る様になるはずです。

そうすれば、その方達のお役に立てるはず・・・

・・・あれ?

何となく、自分の成すべき道は見えてきた様に思いますが・・・

これだと、自分が幸せ(収入を得る)になった後に、他人の役に立つことに・・・?

”他人ファースト” になっていない??(@@;

あ、まぁ、同時進行で良いのかな?(汗
うつ病の情報とかは出せる訳ですし、大丈夫ですかね(^^;

・・・あんまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。
それこそ、足踏みして進めなくなりますし。

また、「石橋を叩いて渡らない」ところでした(笑