正月休みのダラダラは避けられない!?

スポンサーリンク

なんかやっぱり、正月三が日ってあっという間に過ぎていきますね・・・(^^;

明日は年始の最初のバイト(しかも普段より30分早い)なので、身体を慣れさせる意味も込めて、昨日は早めに布団に入りました。
そう、早起きする為に。

今朝起きたら、予定よりも2時間以上過ぎていました(--;
箱根駅伝、始まってるし・・・
やっぱり、多少の緊張感が無いと、早く起きれないのかもしれません。

でも、だからと言って、本当に明日の朝が早起き出来るかは分からないので、ちょっと不安になってきました(汗

親族との、ひと時の団らん

昨日は、親族で集まって、お外のお店でランチをしていました。

本来であれば、実家の親元へ帰る形で集まるのが理想なんでしょうけどね。
親に都会まで出てきて貰って集まるという形になってしまっています。

まぁ、幸いにもまだ元気で居てくれているから許される状況ではあるのですが、いつまで出来るか分かりませんから、ちゃんと覚悟はしておかないといけませんよね。

ほんの数時間程度の会食でしたが、親兄弟、その子供たちと会って近況を聞けたり出来たのは、良かったと思います(^^

フットワークを軽くしていければな~

こういった、親族と言えども中々会えない状況に出くわすと改めて思うのですが、

「会いたい時に会える」
「何かあった時に動ける」

という、 ”フットワークの軽さ” という強み・強さが一番欲しいな、と思いますね。
思いますし、私はそういう立場でもあるので、必然的にそうありたいんです。
近い将来には。

先程、親の話を出しましたが、家系的に言うと私が親の世話をしないといけない立場にあるんです。
長男の方だったり、兄弟で一番上の方だったり、親と同居されている方で、そういう立場の方は多いと思います。

ただ、今の時代、中々実家の辺りでは田舎過ぎて仕事が無かったり、気候が厳し過ぎたりして住み難いんですよね・・・
特に、仕事が無い のがネックですね。

まぁ気候に関しても、今考えるとよくあんな所で少年時代過ごしていたな、と思えるくらい過酷なところではありますw
(冬は寒く、雪が積もりますし、夏は鬼暑です・・・)

なので、実家よりは都会に近いけど、いざとなったらすぐに駆けつけられるくらいの場所で暮らせるのが理想ではあります。

更に言うと、実家に数日戻っていても、仕事が滞らない、もしくは実家でも仕事が出来る環境に出来れば、より理想な形だなぁ、と思っています。

導き出される答えはやっぱり

会社勤めや、今の様なアルバイトでは、仕事に縛られてまとまった時間を確保するのは難しいと思います。

予め日程が分かっているのであれば、有給を取ったりとかは出来るかもしれませんけどね。
(社員ならば、ですが)

「出社する必要が無い仕事」
「時間帯が束縛されない仕事」

これらの条件を満たす事が出来れば、近い将来に来るかもしれない、親の世話にも対応し易くなると思います。

また、それは自分の身体や心に対しても大変ありがたいものです。

中々にハードルの高い目標となりますが、折角うつ病になったんですから、ライフスタイルの再構築が出来るきっかけが出来たんですから、目指していきたいと思っています。

関連記事:

→ 『うつ病だからこそ!在宅での仕事が向いている

うつ病だからこそ!在宅での仕事が向いている
常々思う事、最近になりマジマジと感じる事。それは、 うつ病の症状を抱えながら、一般のサラリーマンの様な仕事をこなすのはとても難しい! ということ。 いつ体調...