自分に「自信が無い」場合、どうすれば良いのか?

スポンサーリンク

今日はお休みだったので、比較的にゆっくりと過ごせています。

お昼ご飯を食べる時に、録画していたテレビ番組を観ていました。
因みに観ていたのは、『そこまで言って委員会』の、半分残っていた先週分です(^^;

で、その半分を観終わった後、もう少し何か観たいな~と思って、保存してある番組を探っている時に目に付いたのが、「オーラ・スピリチュアル」のフォルダでした。

中に入ってるのは、『オーラの泉』という番組と、『金曜日のキセキ』という番組です。
どちらも、もう5、6年くらい前に終わってしまったんですけどね。
好きだったので録画して観ていたんですが、その中のいくつかを保存版! と思って今でも残してあります。

その番組を再生して観始めました・・・

”オーラ” とか ”スピリチュアル” って・・・

”スピリチュアル” と聞くと、ちょっと「えっ・・・?(汗」と引いてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

別に、私は霊感も無いので何かを ”視た” 事も無いですし、怪しい宗教に入っている訳でもありません。
(初詣とか、都合が良い時だけ神頼みする、みたいな一般ぴ~ぽ~です。)
ですが、毎週放送されるくらいのテレビ番組に出てくる方(スピリチュアル的な何かを感じとって、人生のアドバイスが出来る方)の言葉は素直に受け入れる事が多いです。

”人生で起きる事は全て必然、意味がある” といった事も、「そうかもな~」と思って聞いています。

で、最初に再生した番組は、『金曜日のキセキ』。
その中の、ある20代の女性が悩みを解決して貰う場面が頭出しされてたので、そのコーナーを観ていました。

このコーナーは何度か繰り返し観ているくらい、「自分の事、言われているなぁ」と感じる内容なんです。
勿論、悩みを持ちかけているのは20代の女性なので、他人なんですけどね。
自分と通ずる所があるからこそ、心に響くのかなと思っています。

この お悩み相談の内容は、”こちら” にも書いていますので良ければ読んでみて下さい。

「No」と言う練習をする
しばらくして、「あれは正に自分の事を言われているなぁ…」と感じる様になり、それ以降気を付けて日々実践している事。それが、「No」という練習をするという事です...

ただ、今日はいつもとはちょっと違う部分のアドバイスが凄く響いてきて、心に沁みました。

そこには今の自分に必要なメッセージが

いつもは、”気を遣い過ぎて疲れ果ててしまったら、元も子も無いよ。” というメッセージに対して、「あぁ、そうだな・・・」と再確認するといった感じなのですが、今日は違うフレーズでハッとさせられました。

それは、

 『あなたは自分に自信が持てていないのが悩みになっている』

という部分でした。

・・・そう、私は未だに自分に自信がありません
自信が無いままにして、アラフォーにまでなってしまっています。

自分を ”大器晩成タイプだ” なんて言い聞かせ、自分を納得させているんだと思いますが、やっぱり不安で不安で仕方がありません。

このまま、何も成さぬまま年老いて人生が終わるんじゃないか・・・
ふと、そんな思いが頭をよぎります。
というか、何度もよぎります・・・

その相談者の女性は、小さい頃に親からあまり褒められる事が無かった為、それが自信の無さに繋がっているんだと告げられていました。

私は・・・どうだったかな。
褒めては貰っていた気はするんですけど・・・

何か、異常に ”怒られる・叱られる事に対して恐怖を感じる” 体質だった為に、なかなか自信を持っていられなかったのかもしれませんね。

アラフォーなのに、ゆとり世代みたいな感じ? ですかね。
(因みに、ゆとり世代の子達の言い分で、「分かるわ~」って共感出来る部分、何気にありますw)

夜寝る前に

相談者の女性の、”自分に自信が持てない” 事に対するアドバイス・・・
それは、

 『毎日、寝る前に、自分の良いところを褒めなさい。』

という事でした。

私も、自分の良い部分を探して、自分を褒めてあげないと・・・そう、思いました。
なかなか、パッと自分の良いところが思い付かないというか、何を評価すれば良いのかよく分からないんですけどね。

その ”パッと思い付かない” のが、自信が持てない事に通じているのかもしれませんけどね。

自分の良いところ、かぁ・・・何やろなぁ?
ちゃんと見つかるんやろか・・・



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!