朝から悲しい気持ちでいっぱいに・・・

スポンサーリンク

うつ病と診断され、早6年・・・
初めて心療内科のクリニックに伺ったのも、丁度このくらいの季節でした。

今思うと、6年前の今頃の体調はとても酷いものだったと思います。
・・・あいや、正確には、自分でもよく分からない状態だったかもしれません。
全部が全部覚えていないというか、そんな余裕なんて無かったような。

精神的にどうのこうのというよりも、眠くて仕方が無い! 身体のだるさが取れない!
誰か何とかして・・・!! と、すがる思いは強かったと思います。

今もまだ、何かから解放されきっていない感覚は残っているので勿論”完治” してはいないんでしょうけど、あの頃と比べたら・・・きっとマシなはず・・・

 ”うつ病を克服した!”
 ”1年前にうつ病になりましたが、今年になって社会復帰しました。”

ネットやツイッターを見ているとこんな文言をよく目にします。
正直、「羨ましい」限りです・・・
マシになったとは言え、自分はまだ治っていない。

他人の成功体験が自分への”希望” と捉える事が出来ず、むしろ逆の”絶望” に感じる方が強いです。

 ”治った人が居るんだったら、自分も治るよ!”
という思考回路でいられるのは、当事者の周りの人。

当の本人は、
 ”みんな治ってるのに・・・ 自分はダメなんだ・・・
どうしても、こうなってしまうんです。

そして、今日は朝からこの気持ちがすごく膨らんだんです。


周りの人も、辛いでしょう。

分かってます。
本人も・・・辛いです。

ガマンせず・・・・・・ 泣き・・・ます



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!