「ちり積も」の”ちり”は、自分サイズに

スポンサーリンク

山

厚切りジェイソンの本『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』を先日読み終える事が出来ました。毎日1ページずつでも読んでいこう、という事でしたが本当に少しずつだったので、3週間ぐらい掛かりました。

普段から本を読んでいる人なら、1、2時間で読めるんでしょうけど(^^;

ちりも積もれば

ゴミとなる… じゃないよ(--;

本の中で厚切りジェイソンが言ってたことなのですが、彼は毎日少しずつ漢字の勉強をしているそうです。5分とか10分とか、そういう短い時間で出来る範囲で。少しでも良いから毎日続ける事が大事で、1年くらい経ったら、結構大きな力になるよ! と。
いわゆる「ちり積も」であったり、「継続は力なり」という事を実際に実行しているんだな、と思いました。

でも、継続って難しいんですよね… 言うのは簡単ですけど。続けられるのは凄いなぁ、とつくづく思います。

で、どうやったら「継続」する事が出来るんだろう? 自分が「継続」するには、どうすれば良いんだろう?
と色々考え、自分なりに答えを出してみました。

みじん切りのごとく、細かく細かく

それは、”これなら毎日出来る! という量まで減らす” という事です。

少しずつやればいい、とは分かっていても中々その「少しずつ」が出来ず、結局のところ途中で止めてしまって続かない、って今まではなっていました。続かないという事は、「少しずつ」と言ってもまだまだ毎日やるには大き過ぎるんだ! という事で、それをもっともっっと小さくして、”本当にこれだったら毎日出来る、余裕でいける!” ってとこまで減らさないとダメなんだ、という事なのかな… と思いました。

例えば散歩で考えてみると、『毎日10分散歩をしよう!』と決めたとしても、「今日はちょっとしんどいから止めようかな」とか、「今日は雨降ってるから止めようかな」、となってしまうのであれば、『10分の散歩』というのがまだまだハードルとして高過ぎるという事ですよね。10分が多いという事であれば5分に減らしてみるとか、雨の日に外に出るのが嫌だって事ならば部屋の中をぐるぐる回るとか、足踏みにするとか、嫌だなと感じる部分を全部切り取っていって、めちゃくちゃ小さくしたものを毎日やる様にしてみる。「今日は15分も散歩してしまった!」 とか結果的に多くなってしまうのは全然アリで、とにかく決めた事をクリアしていって、毎日「成功した!」という体験を積み重ねていく。例え、どんなに小さい事だったとしても。

そして、それを毎日毎日続ける事により、自信へと繋がっていく、って事ですよね。

全くやらない、よりもプラスになっていく

どんなに小さな事でも、続けていけばプラスになる。1年経てばかなり大きな差が出る。
でも、やらなかったら全くのゼロ。これは雲泥の差である、と。

よくよく考えてみると、自分でも『本日の紙一重』とか言ってましたね(^^;
言ってたくせに何かフワフワしてましたが、厚切りジェイソンの理念を知ってからは、この『紙一重』にもっと自信を持って良いんだな、と心強く感じています。

続けられ無さそうであればもっと細かく、小さくしてみる。
増やせそうであれば、ちょっとだけ大きくしてみる、もう1つ追加してみる。

こんな感じで、少しずつでも自分に自信が付けられれば良いな~、と思っています(^^



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!