作業の「時短」をやってみる

時短

厚切りジェイソンの本は、だいたい半分くらい読み終わったところです。
なかなか一気には読めないでいます。しんどいのと、内容を消化しきれないのと(^^;

彼は時間を使うのが上手い様で、短い空き時間を有効に活用するんだそうです。

テレビや舞台の出番待ちに5分の時間が空いていたら、そこで会社のプレゼン資料を作ったり、ブログの記事を書いたり。逆に、会社で出張の移動中に、お笑いのネタを考えたり。2つ3つの仕事を上手い具合に同時進行させているみたいですね。

私はこういった並行作業は中々に苦手で、ひとつの事しか考えられません。ひとつの事で手一杯で、他に頭が回らないんです。なので、羨ましい能力で本当は身につけられればなぁ、とは思いますが、取り合えず今すぐには無理そうなので、もうちょっと余裕が出来たらにしようかなと考えております。

で、

一度にひとつの事しか出来ないのであれば、じゃぁ目の前にある事を少しでも早く片付けられないかな、と考える様になりました。ほんとここ数日の事ですが。
「時短」ですね。…意味違うかな? まぁいいや(^^;

単純に、早く終わらせれば空き時間が増えて、遊んだりゲームする余裕が増やせるな、ってだけなんですけどね。(ゲームも遊びか。)

だらっとやりがちだった家事、例えば洗濯物を干したり畳んだり、食器洗いだったりを少し意識して早くやってみる。開始時刻を確認しておいて、終わった時刻を見て、昨日より2分早かったなとか、あぁ今日は結構時間掛かったな、とか。

まぁ今のところはこれくらいしか出来ませんが、ちょっとずつやっていこうと思っています。


追記:
厚切りジェイソンの本、少し読み進みました(^^

関連記事 → 『小さい目標にして少しずつ

Why? の本は、だいたい60%くらい読み終わったところです。 1つ1つ読んでいくうちに、厚切りジェイソンが日本人とは違う価値観で生きてきたんだなぁと分かり...


参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク