メールデータのお引越し

スポンサーリンク

メール_02

先日、windows7の再インストールを行いましたが、その際、データの引越し作業で一番大変かなと思っていたのがメールデータでした。

関連記事 → 『win7の再インストール

「最近、どうもパソコンの調子が悪い…」 と思い続けて約1ヶ月。色々と悩みましたが、windowsの再インストールをやるしかないとの結論に至り、決行致しました...

現在はThunderbirdという無料のメールソフトを使っています。
むかーし、Outlook Express というソフトを使っていましたが、セキュリティの問題でウィルス感染し易い、みたいな風潮が出てきた際に乗り換えなければという事で、そこからThunderbirdを使い始める様になりました。
最初はやっぱり使い難いもんだなーと思っていましたが、今は慣れました。慣れって凄い。

データのバックアップ

メールのデータ類ってメール文章が殆どですけど、それ以外にもアドレス帳とかフィルタ設定(メール振り分け設定)等があり、個別にバックアップを取らないといけないのかと思っていましたが、Thunderbirdのメールデータは1つのフォルダにまとまっていたので、それを別箇所へ避難させるだけでオッケーでした。

具体的には、
%APPDATA%\Thunderbird\Profiles
もっと言うと、

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles

にある、「○○○○.default」というフォルダです。(○○○○は、8文字くらいの英数字です)

%APPDATA% というのが、C:\Users[ユーザ名]\AppData\Roaming を簡略化したものです。)

エクスプローラ等で、%APPDATA%\Thunderbird\Profiles を開いて、「○○○○.default」フォルダをコピーして、別のところへ保存するだけ♪

その後、windowsの再インストールを経て、Thunderbirdをインストールしたら、保存しておいた「○○○○.default」を元に戻す作業。

先程と同じ場所をエクスプローラ等で開きます。(→ %APPDATA%\Thunderbird\Profiles
ここには、「xxxx.default」というフォルダが存在しますが、これは削除しちゃいます。
(「○○○○.default」と同様に、xxxxは、8文字くらいの英数字)
で、保存しておいた「○○○○.default」を、代わりにここにペーストして戻します。

次に、1つ上のディレクトリへ移動します。

%APPDATA%\Thunderbird

ここにある、「profiles.ini」というファイルを、テキストエディタ(メモ帳とか)で開きます。
Path=Profiles/xxxx.default
と言う箇所を、
Path=Profiles/○○○○.default
に書き換えて、上書き保存します。(xxxx を、○○○○ にする)

以上です。
これで、Thunderbirdを立ち上げて、元の環境に戻っていればオッケー!
メールデータも、アドレス帳、フィルタ設定等も復元出来ていると思います。

…戻っていなければ、どこかが間違っているのかもしれないので、手順を一度見返してみて下さい(^^;

データをエクスポート・インポート出来るアドオンもありますが…

一番めんどくさそうだと思っていたフィルタ設定。
これをまた一から設定し直すのは現実的じゃない状態だったので、まずこの設定の保存・復旧出来るアドオン(追加機能)を探したりしてましたけど(実際、在りました)、全メールデータをひっくるめて保存・復旧出来る方法を見つけれて良かったです。
しかも、割り合い手順は簡単でしたし(^^

方法を探してみると、あるもんですね。便利な世の中になりました。
まぁ、最近だとウェブ上でメール使えるサービスいっぱいあるので、それだったらそもそもこんな作業は不要なんでしょうけど…

今回、参考にさせて頂いたサイトはこちらです。
Thunderbirdのデータをバックアップ・復元する方法
スクリーンショットもあるので、分かり易いです。



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!