「分かっていない」と伝えるのは重要。

分からない_01

誰かと会話をしていて、お互い分かったつもりで約束を交わしていても、後々思っていた事が食い違っていてトラブルに発展した、という経験はありませんでしょうか?

「え、これは、今日までにやってくれるんじゃなかったん?」
『今日まで? つか、何その話? 初めて聞いたわ。』
「いやこの前、言うたやんか!!」
『知らんし! 聞いてねーし!!」
  :

と、”言った・言ってない” で口論になる事って結構多いと思います。
実際のところはどちらかが正しく、どちらかに非があったりするとは思いますが、事が起こってからでは遅いケースが殆どでしょう。ですので、その時になって”言った・言ってない” と主張し合っても何も解決しません。また、お互いが「自分は正しいんだ!」「間違っているのは相手だ!」と思って行動してきたでしょうし、そう思っているからこそ自分の意見を曲げて折れる事も無いでしょうね…

ではでは、こういった事態を起こさない為にはどの様に日々振舞っていけば良いのでしょうか。私も幾度かトラブルになった経験がありますが、ここのところ少し気を付けている事があります。そのお陰で多少は問題は起こりにくくなったかなー?と思っていますので、それをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

何となく分かった…

こういったトラブルは、恐らく目上の方からの説明や指示を受けた時に起こり易い事だと思います。相手が伝えてきた話の内容を「(何となく分かった)」「(多分こういう事だろう…)」と感じながら聞いていて、『はい、分かりました。』と言って作業に取り掛かる事、よくあると思います。友達や仲間といった親しい間柄の人達と話をしている訳では無いので、少し威圧感を感じながら聞いている事もあると思います。そうなると、今まで聞いた事が無いワードが混じってたり、少し難しい表現を使った説明をされても、前後の内容である程度言われている事が分かれば、わざわざ聞き返したりしないと思います。何せ、相手は”当たり前の言葉”として話し掛けてくるので、聞いているこちら側も「(この業界では常識なのかな… まぁ、何となくあーゆー事…かな?)」とスルーしてしまいがちです。

この、「何となく分かっている状態」のまま指示された事を実行するので、実際に求められているものとは違う事をやってしまう、というトラブルに繋がってしまうのだと思います。
「何やってんだ! ”○○(業界用語・難しい言葉)”をしろ、って言ったやろ!!」
みたいに怒鳴られたりして… もうここまで来ると、”○○”って何やねん… と聞き返す事は出来ない状態になっています。

「何となく分かっている状態」でいるとこの様に、それがトラブルに発展してしまう事があるんです。
じゃあ、どの様にしたらトラブルを防ぐ事が出来るでしょうか…?

私、今、分かってませーん!

それには、「今、自分は”分かっていない”んだという事を、相手に伝える」のが、とても有効な方法です。

誰かに指示された時、説明された時に、相手が言っている内容で理解出来ない部分があれば、”その部分がよく分かりません。”、”その言葉ってどういう意味ですか?”と言った具合に、理解出来なかった箇所をちゃんと相手に伝えるんです。
「なに、お前こんな事も分からんのか!?」
と言われるかもしれませんが、分からないままにしておく方が危ないのは上で書いた通り、明白だと思います。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と、ことわざにもありますし、説明する側からしても最初に”分からない!” と宣言してくれる人に対しては「コイツは信用出来る」と思い易いものです。後で分からんと言われても、じゃあ先に言えよ、分からんまま作業してたんかい、ってなりますからね…

説明を聞いて、たまに、”何が分かっていないか、がよく分かっていない” みたいに、ちんぷんかんぷんな時もあると思いますが、その時は「すみません、もう一度説明して頂いてよろしいですか? よく理解出来なかったので…」と聞けば良いと思います。

ちゃんと聞いていても理解出来ない時はよくあります。それは自分の理解力が無い場合も有りますし、相手の説明力が弱い場合もあります。その両方の時も勿論あります。相手があっての”会話”なので、理解力・説明力が足りなくなる時があるのは仕方の無い事でもあります。だからこそ、説明が分からなかったら、「ここが分からない」といった旨を相手に伝える事が大切なんだ、と思っています。

逆のリアクションも有効になる

逆に、理解出来た時、納得出来ている時に『分かりました!』『了解です。』としっかり返事をしたり、(うんうんと)うなずいたりして、”私、分かってますよ” アピールをする事も相手を安心させる手助けになります。説明している側が、あぁ、ちゃんと話が通じてるんだな、と思えるので信頼出来ます。このアピールがあるという事は理解してくれているという事で、逆にアピールが無くて首をかしげていたら、それは分かってないって事だな… 補足しないとだな… みたいにコミュニケーションが取れる様になり、トラブルは本当に起こりにくくなります(^^

まぁ、「分かってますよ~」の方はちょっと応用編というか更に上のステップかもしれないので、まずは分からない時のアピール、リアクションを心掛けてみて貰うのが良いかな、と思います。

この記事の ”ここがよく分からない!” を探してみるのもいいかもしれませんね(笑



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!