リファラーを調べる方法

スポンサーリンク

ライブドアブログでは、アクセス解析の中に「リンク元URL(リファラー)」を確認出来る機能があり、どのサイトから自分のブログに飛んできたのかが簡単に分かります。ブログランキングに登録していると大体そのサイトからの訪問が多いですが、ランキングのカテゴリーを複数登録していると、どのカテゴリーから何件アクセスがあるかとかが分かるので面白いです。

こういった機能がWordPressでも使えるのかな…? と思いつつもよく分からない状態を放置していました。「Google Analytics」という、グーグルが提供しているアクセス解析システムを使えばリファラーも確認出来るのかもしれませんが、アカウント登録はしたものの使いこなせていなかったので、良い機会だと思って、“「Google Analytics」を利用してリファラーを調べられる方法”は無いものか、と調べてみる事にしました。

で、例によってグーグル先生にお尋ねしたところ、この様なサイトをご紹介頂きました。
Googleアナリティクスで完全なリファラ(リンク元)を調べる方法

「完全なリファラー」を表示させる方法

少し情報が古いみたいなので補足を。

(1)Google Analytics にログインし、上部メニューの「レポート」をクリック。
左側に「マイレポート一覧」「ショートカット」等のメニューが出てきますが、
そこの「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照サイト」を選択。

(2)右の大きな画面上部に「参照トラフィック」と表示されます。
その直ぐ下に「カスタマイズ」という文字があるので、それを選択。
「カスタム レポートの作成」という画面になりますが、何もせず画面の最下部にある「保存」ボタンを押す。

(3)すると、(2)の「参照トラフィック」画面に戻ってきます。
画面下方に表(「参照元」「セッション」等の項目がある)が表示されますが、その上に「セカンダリディメンション」というボタンがあるので、それを押します。すると検索窓が表示されるので、そこに「完全な」と入力すると、直ぐ下に「完全なリファラー」という項目が出てくるので、それを選択します。

(4)その結果、「参照元」と「セッション」の間に「完全なリファラー」という項目が追加された表が表示されます。
この「完全なリファラー」というのが、どのサイトから飛んできたかというのを表しています。

(5)そして、今後(4)の画面を簡単に表示させるためには、この「参照トラフィック」画面の上部に「ショートカット」という項目があるので、それを選択します。
ショートカットの名前は自分の分かり易い文字列を記入して頂いて構いません。
(ここでは仮に、「完全なリファラーっす」と入力します。)

すると、(1)の左側メニューの「ショートカット」を選択すると、「完全なリファラーっす」という項目が出来ています。これを選択すると、直ぐ(4)の画面を表示させる事が出来ます。

怪しげなリファラーが表示されていたりしますが…

見たことも無い、いかにも怪しげなURL… 何だこれは?
これは、リファラスパムという迷惑行為に因るものだそうです。
このせいで、正確な調査結果が得られにくくなるので、取り除いていきたいです。

フィルタ機能を使えば取り除く事が出来る様なので、今後この辺りの方法を調べ、記事にしていければと思っています。



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!