脳内で愚痴が止まらない

これは私のクセなのかもしれませんが、
ある事に対して、「これはおかしい・・」と思う事があれば、
それについて、どういう部分が悪いのか、そもそも何故こんな事が起こっているのか、
誰々が訳の分からない事を言って、どうして自分がそれをこなさないといけないのか・・・
等を、気付くと延々と頭の中で喋っています。

口に出す事はほぼありません。
大体が頭の中で、一人で考え、脳内で文句を言っている感じです。

恐らく、口から出てくるのは、愚痴・文句が最高潮に達した時・・
場の空気や人間関係が崩壊し、全てが終わる時になってしまうかもしれません。

なので、時には必死に感情を抑えているのですが、
やっぱり辛いですね。

もっとこう、少しだけを上手く口に出して、ガス抜きが出来れば良いんでしょうけど、
中々出来ませんね・・・

子供の頃から、考え事は頭の中だけで、口に出すなんて事はありませんでした。
そして同時に、愚痴がぽんぽん口から出てきたり、独り言をぶつぶつ言う人が理解出来ません。
「わざわざ口に出して言わんでも、頭の中で処理すれば良いやん。うるさいなぁ・・・」
と思っていました。
今でも思います。
でも、自分がガス抜きが上手く出来ていない事を感じ始めてからは、
そうやって口に出せる人が少し羨ましく思う事もちょっと増えた気はします。
(でも、独り言はやっぱり聞えると気分は良いものではないので、
私の前では止めて欲しいですけど・・)

とまぁ、常日頃思っている事をここに書く時も、要は脳内で喋っている延長で書いている感じです。
仕事・何かの作業をしていて疑問を感じる時には、もっと脳内で一人ディスカッションをしています。

そうとう疲れます・・・

もう、文句を言ったところで、愚痴ったところで解決するところまで持っていける気はしないので、
考える事自体をばっさりと切り捨てる、思考を停止させた方が楽かなぁ? とも思い始めました。

「考えすぎなんとちゃう?」

って言われた事、そういえばあったかもしれません・・

脳内一人ディスカッションを強制終了させる技を身に着けていければ、
少しは楽になっていくのでしょうか。

あぁ、楽になりたい。



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク