睡眠リズムが大事でっせ

スポンサーリンク

通っている心療内科でよく受けるアドバイスは、
この「睡眠リズム」を良くして行くこと、でした。
(流石に、でっせ、とは言いません。ごめんなさい。)

うつ病(に限らないかもしれませんが、)の患者さんは、結構な割合で
寝る時刻、起きる時刻、睡眠時間がむちゃくちゃになり易い様です。
特に多いのが、夜なかなか寝付けずに早朝になり、そこからうとうと寝始め、
夕方になって起きる、といった昼夜逆転現象に陥る状態です。
夕方に起きるから、夜に眠たくならず、結局朝まで寝付けず・・・みたいな
ループから抜け出せなくなります。

私の場合、寝つきは良いんですが、寝起きが悪いです。(現在もその傾向はあります)
で、大体深夜2時頃に寝て、朝10時~昼12時頃に起きる、というリズムでした。
朝ご飯が昼ご飯状態です。

睡眠リズムを直す際に、うつ病とは関係無しに、世間一般で言われているのは、
何時に寝ても、「朝起きる時間を一定にする」という方法です。
だがしかし、それもなかなか実行するには難しいもので、
「自分の好きな事、やりたい事、楽しい事を朝起きてやる!」という様にすると、
ちょっとは早起きの一助にはなる様です。

ただ、やりたい事を夜にやっちゃうんですよね・・・
ゲームをやりだしたら止まらない、
動画サイト見だしたら、関連動画の連鎖で観続けてしまう、
となり、寝る時間が遅くなる&寝付きが悪くなる。
そして当然、朝起きれない・・・


私は現在、睡眠リズムは少しマシにはなってきました。
大体、夜12:30頃に寝て、朝6:30~7時頃に起きる感じです。
(めざましテレビの紙うさぎロペを見るのを目標にしています(笑 )

夜寝付き易くする為に有効だなと思って実際にやっている事は、

 部屋の明かりを落とす

です。
晩御飯を食べた後、大体夜9時頃なのですが、部屋の照明を変えています。
白色の蛍光灯から、オレンジ色のライトにチェンジ。
更に、寝る直前は、そのオレンジ色のライトも消し、台所の小さい電灯に変えて、
寝床には殆ど明かりが行かない状態にしています。

これ、結構良いですよ。
おうちで出来そうであれば、一度試して頂く価値はあると思います。

更に言えば、テレビやパソコン、携帯などの明るい光を目に入れるのも、
寝る前には減らせればベターです。

心療内科に行っていると、「なかなか寝付けない!」と仰っていた方が多いと感じました。
(私はどちらかと言うと、「寝れない」より「起きれない」方で、少数派でした・・)

でも、私も少し夜更かし気味だったのが、少し早い時刻に床に就ける様になったので、
有効な方法ではないかな、と思います。

良ければお試し下さい(^-^



参考になった、共感できた、などありましたら、
"応援クリック" を頂ければ嬉しいです!
   ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローはこちらからどうぞ!